引っ張って切るだけで取れるイボ

引っ張って切るだけで取れるイボ

引っ張って切るだけで取れるイボ

小学生5年生の時、おでこのニキビがひどくて皮膚科に連れていってもらった際、首のイボをはさみでちょっきんと切られました。

 

その時イボはつまめばとれそうだけどとれないコロコロしたタイプのイボで、つい気になってしまいいつも触っていました。

 

で、親が何の気なしに先生にイボの話を振ったところ、「これならすぐ取れますよ」と言われたので、ニキビで病院に行ったはずなのにイボの処置が始まりました。

 

処置と言っても診察台に寝かされ、先生がイボを限界まで引っ張り、はさみで切るだけです。

 

消毒も何もありませんでした。

 

覚えているのは、先生が引っ張っることでイボを含め皮膚がすごい伸びたことと、痛かったことです。

 

イボは2箇所あったのですが、1回目で大泣きしてしまいました。

 

泣いたところで許してもらえず2つ目も切ったのですが、とにかく皮膚ってすごく伸びるんだなあと子供心に学びました。

 

終わった後は、絆創膏を貼られて終わりです。

 

今となってはその絆創膏は貼らなくてもよかった気もしますが、一応はさみで切ったので傷口っぽくなっていたので、無意味かもしれないけれどもつけてくれたんだと思います。

 

あれから20年経ちますが、その後イボは1つも出来ていません。

 

もうあんな痛い思いはしたくないので、イボはこりごりです。

 

娘達にもできなければいいなあと思っています。

 

更に理解を深めるためにも、首イボjpを一度覗いてみると良いかもしれません。